日本国内の医療機関で処方されるシアリスは1錠2,000円ほどします。診察内容や費用をもとに利点とデメリットを検証します。

病院で行うED治療

男性なら誰でも発症のリスクがあるED。

EDの概要

しかもこの病気は、最近では年齢を問わず発症することが分かっています。
その人の生活習慣から、服用してる薬の影響、他の病気、こころのトラブルなどなど、生活に関わることのほとんどがEDの要因となっています。

EDの原因

いつ起こるか分からないだけに、それに備えて治療の手順などを知っておくのは1つのツールとして大切です。
「もしEDなったら」と考えながら、参考にしていただけたらと思います。

ED治療を受ける際の障害

EDかもと思った時に、まず頭に思い浮かぶのは治療。
低下した勃起力を回復させるには、症状の度合いにもよりますがED治療薬が必要となります。

このお薬は、国内では病院のみで処方を受けることができます。
つまり医師の書いた処方箋が必要になるお薬で、ドラッグストアなどでは購入することはできません。

ここで病院に行く前にまず困るのが、男性のプライド。
「人に自分の下半身を見せるなんて」「だれかに知られたら」など、プライドが障害となって満足な治療を受けないまま放置してしまっている人は多くいると言われています。

EDがペニスの問題であるだけに、下半身を見せると誤解している人も多いようですが、実際は問診や必要とあらば血液検査などを受けるだけです。
なので変なプライドが邪魔をして治療せずにいる男性は、身近な幸せ(SEX)を放棄してしまっています。

ED治療薬の処方と金額

EDと認められれば、ED治療薬の処方となりますが、ここが最大の問題点です。
全国どこの医療機関に受診しても、EDに対して保険が適用されることはありません。

なので検査費用や薬の処方費用は、すべて自費での負担となります。

価格面は、病院治療の大きなデメリットになります。
ED治療薬は御三家と呼ばれる「バイアグラ」・「レビトラ」・「シアリス」がありますが、どれも1錠が1300円~になり、最新のシアリスであれば1錠2000円もします。

バイアグラの効果と特徴

レビトラの効果と特徴

シアリスの効果と特徴

1回のSEXで1錠が必要となるので、セックスチャンスや頻度にもよりますがかなり治療費は高騰します。

これに加えて通院費用なども加算されると考えれば、病院でのED治療は敷居が高いと感じてしまうかも知れません。
ただ、治療を受けずに放置してしまうと悪化するだけなので、重度の患者さんはED治療薬が効かなくなってしまうこともあります。

費用を負担しても余裕のある人は病院での治療で良いかも知れませんが、そうでない人は海外通販などを通じて低価格で同じ成分の入ったジェネリックを購入して治療するのがオススメです。

ジェネリック医薬品とは