EDには食事や運動といった日常生活の見直しも必要となります。シアリスなどの医薬品に頼らず自力で行う対処法を紹介します。

生活習慣の見直しによるED改善

国内ED患者数は推計でも1800万人に上ると言われ、日本は「ED大国」といっても過言ではありません。
外見に変化が現れる病気ではないので気付くことはありませんが、毎日街中でED患者さんとすれ違っているくらいED人口は増加してます。

年齢を問わず発症するようにもなってきているので、気を抜いているといつの間にか勃起力が低下しているという状態にもなりかねません。

EDの概要

40代では5人に1人、50代で5人に2人がEDとも言われている昨今、特に中高年男性は要注意です。
ただし年のせいにして、諦めてしまうのは早計です。

EDはお薬を使わなくても、普段の健康を少し意識するだけでも改善できる可能性があります。
以下にその方法を具体的に解説しますので、自力でEDを改善したい方や、まだEDを発症していないという男性は予防のためにも是非お読みください。

健康診断でチェックする生活習慣病の値

毎年1回は行っているはずの、健康診断。
この時に気になるのは体重の増加などはもちろんですが、尿酸値やコレステロール値、血糖値など、高くなると生活習慣病を招くさまざまな値も気になるはずです。

糖尿病や高脂血症などの生活習慣病=EDになると考えても問題ありません。

こうした病気から動脈硬化につながり、血液の循環を悪くすることで血流不足を起こしEDを発症します。

食生活の改善

生活習慣病の原因から分かるように、毎日の食事は特に意識して摂るようにしなければなりません。

1人暮らしの男性は食事のバランスが崩れがちですが、偏食はもってのほかです。
いたずらに数値を高くしてしまい、EDになる速度を自らで早めてしまいます。

何を食べたら良いではなく、お肉を食べるなら野菜も食べるといったバランスを意識した食生活にすることが大切です。

適度な運動の導入

また、毎日の中で少しでも運動を取り入れることは大切です。

運動をすることで得られるのは、「血行促進」と「男性ホルモン増加」の2つです。
勃起に血流量が大切になるのは言うまでもありませんが、男性ホルモンは性的機能に深く関わり、分泌量が低下すると性欲なども減退してしまいます。

通勤・帰宅などで1駅歩くなど、時間を有効活用して適度な運動を行うことは大切です。

またランニングなどの有酸素運動を取り入れると、血液内のコレステロール値や中性脂肪値を下げてくれるので、血液がサラサラになり血流を良くし、生活習慣病予防にもつながります。

食事や運動は、毎日できることです。
できることからはじめて、ED予防や改善に取り組んでみて下さい。

上記の方法を日々の生活に取り入れるのは難しい、もっと簡単にEDを治療したいという方にはED治療薬の服用を推奨します。

現在では医療機関へ足を運ばずとも海外通販を利用してED治療薬を入手することができますので、気になる方はまず、下記のリンクより購入方法をご確認ください。

ED治療薬を購入するには

購入の際のコストを抑えたいという方にはジェネリック医薬品がオススメです。

ジェネリック医薬品とは

ご自身のライフスタイルや希望に応じて、改善の方法を考えることがED治療の第一歩となります。