シアリスより強力な勃起を促すバイアグラ。シルデナフィル開発のきっかけと、購入および服用の際の注意点を記載します。

バイアグラの効果と特徴

一昔前まで、EDに効く薬はありませんでした。
それが一変したのが、1998年のことになります。

独特な青色をした外見が特徴の「バイアグラ」の登場によって、世界中のEDに悩む男性が救われることになりました。

EDの概要

一時は「夢の薬」とまで言われ、登場から15年以上経過した今でもEDを抱える男性の強い味方として活躍しています。

EDの原因

バイアグラ開発のきっかけ

成分であるシルデナフィルは、もともとはEDを改善するために開発された成分ではありません。
その話がユニークなので、少しご紹介します。

製造メーカーであるPhizer(ファイザー)は、はじめシルデナフィルは狭心症の治療薬として開発を進めていました。
しかし臨床試験では、思うような結果を残すことができず開発を中止することに。

そこで被験者から予備に渡しておいた薬の回収に回ったところ、薬の返却を拒む人がたくさんいました。
その理由を突き止めるべく調べたところ、シルデナフィルにはEDを改善する効果があることが分かったのです。

この効果が認められ、1998年にアメリカではじめてED治療薬バイアグラとして販売がスタートしました。

日本でのバイアグラ販売

アメリカでの販売から遅れること半年、日本国内では1999年に医師の処方が認められています。
保険が利かないことが1つの特徴でもあり、国内では1錠1300~1500円ほどの価格で販売されています。

短い期間で国内での承認を得たのには、理由があります。

当時をご存知の方であれば、このバイアグラは悪い意味でも有名な薬です。
1998年に登場した際の噂は、アメリカ本土だけに留まらず日本にも轟いていました。
これを聞いた何人かの日本人が医師の説明もないまま、個人輸入して勝手な服用を行ってしまいました。
すると今でも絶対に併用を禁止しているニトログリセリンという狭心症の治療薬との併用を行った高齢者が、心肺停止に陥りました。
こうした副作用事故の観点から国内での臨床試験は行わずに、アメリカのデータをもとに僅か半年でスピード承認されました。

またニセモノの流通も多く、個人輸入の50%以上がニセモノというデータもあるほどです。
正規品で正しい方法で服用が行えれば、男性の性生活を充実させてくれる大変便利な薬ですが、誤った使用やニセモノなどには十分な注意が必要です。

購入の際には医師の処方か、信頼できる個人輸入代行サイトを利用するようにしましょう。

ED治療薬を購入するには